静かに寄せてくる流氷は、氷の塊というより、雪原のようでした

朝日に照らされた流氷が見たい!!」 の続きです。

浜頓別町(はまとんべつちょう)から枝幸町(えさしちょう)のほうに移動すれば流氷を見られる可能性は高いかと、車を走らせていると、朝陽の光が強くなってきて、流氷がきていることを目で確認することができました。

流氷

流氷


私は、社会人になってから稚内市(宗谷地方)に来ました。
それから、昨年、豊富町(とよとみちょう)にお引っ越しするまで、長く稚内に住んでいました。

昔は、稚内にも毎年のように流氷はきていたそうです。
網走市(あばしりし)のように、流氷を観るための船も出されていたようです。

今は、温暖化のせいもあってか、稚内のほうまでは、毎年はきません。
きても、数日や一晩で岸から離れたり、宗谷岬辺りまでしかこなかったりすることもあります。
雪道が好きでない私は、冬道をそんなに頻繁に走ったり、宗谷岬までの遠出することにちゅうちょしたりして(1年に1度も行かない年もある程遠く感じる)、見逃してきてしまいました。

北海道の北にそれなりに住んできていて、実は、こんなにたくさんの流氷を間近で見たのは初めての体験でした。

枝幸の「ウスタイベ千畳」にて撮影。


流氷

*クリックすると拡大します。


流氷

流氷

流氷

流氷

流氷

*クリックすると拡大します。


流氷

流氷

流氷

流氷

「北見神威岬」(きたみかむいみさき)と流氷。


がんばって、朝めがけて観に行って、良かった。

続きます
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment