山田耕筰:長唄交響曲「鶴亀」

by カエレバ

日本的な曲調を色濃くした作品。
もともと存在した長唄「鶴亀」にオケを合わせたのだから、ただ和楽器を用いただけでない、長唄の特徴と三味線の技法に合わせるように西洋楽器を用いた交響曲です。

すごいなぁ。
こんな曲あったんだ。

コンサートで演奏されたこともあるようで、和の部分を担当されている奏者は、演奏していてとても気持ちが良いのだそうです。
うん、、
分かるような気がしますよ。

長唄交響曲「鶴亀」は、今や西洋古典音楽が巷に溢れかえる現代を生きる私たちに、どんな感情を抱かせるでしょう。
驚愕か、新鮮か、懐古か。
当作品は19世紀半ばの長唄をそのまま演奏し、そこに管弦楽を付したもの。
(中略)
この記念碑的なアルバムにより、私たちは日本の作曲界における偉大な先駆者の苦闘を再認識し、感謝の念を新たにするのです。
(CD帯紹介文)






山田耕筰:長唄交響曲「鶴亀」 (ナクソス・ミュージック・ライブラリー
※ナクソス・ミュージック・ライブラリーは、クラシックのオンライン図書館です。
 「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。
 最大15分間、何度でも再生可能です。



鶴亀 (山田耕筰) - Wikipedia


関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment