最北の幌富バイパス、冬

幌富バイパス

幌富バイパス(ほろとみバイパス)。
今年3月から供用開始された、幌延町から豊富町に至る国道40号のバイパス道路。
全長10.9km、幌富バイパスとつながっている豊富バイパスと合わせても、26kmほどにしかなりません。


幌富バイパス

制限速度が、一般道の最高速度より低いこともしばしば。


幌富バイパス

話は少し飛んで、札幌から北へと向かう道央自動車道
旭川市開基100周年に間に合うように、とにかく2車線で旭川まで高速道路をつなげたのだ、と聞いたのは、平成になってほどなくの頃。
それから北へと徐々に高速は延びていき、北海道の中心地札幌までの距離が遠い宗谷地方の者にとっては、とても助かりました。

その道央自動車道から離れた名寄市に、ぽつんと名寄バイパスができました。
『何故つなげる形でなく、ここだけで作ったの?』
という唐突さはありましたが、この名寄バイパスも少しずつ距離を伸ばしています。

でも、ここから先、北へと続くのは難しいだろうなぁ、と感じています。
交通量も、JRの乗客も、名寄でぐっと減るし、その北の音威子府村の間までにさらにぐぐっと減ります。

それに、その北の音威子府村と中川町の間は、山の中、大きな川沿いに国道や鉄道が走っているのです。
ここに新たな道路を作るのは、素人の私でもかなりお金がかかることだろうと想像します。

名寄に住んでいた子どもの頃-小学生だったか、中学生だった頃、母から、
「あそこに高速道路ができるんだよ」
と、田園風景の真ん中を指して、教えてもらいました。
高速道路を通ったこともなく、高速道路が何たるかも知らなかった私。
田んぼの中を走る立派な道路などは絵空事のようでした。

名寄にバイパスが走るようになった今、そんな未来を教えてくれた母はいません。
分断されている高速やバイパスがつながるのを、私はいつか見ることができるのでしょうか。
見ることを切望しているわけではないのですが、そんなことを考えると、時間の流れがいろいろな意味を帯びながら、私の気持ちの中に押し入ってくる感じもしてきます。
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment