「このNAXOSを聴け!」で紹介された1番目のCDは。

このNAXOSを聴け!

松本 大輔 青弓社 2007-10-13
売り上げランキング : 268546
by ヨメレバ

ナクソス・ミュージック・ライブラリー」の会員になったのはいいのですが、OTTAVAで気になった曲を再度聴いてみたりするものの、それ以外では、曲がたくさんありすぎて、BGM程度に聴こうとしても、どうやって選曲したら良いか分からない状態・・
そこで、まさに「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」のためにあるような本を買ってみました。

この本の1番目に紹介されていたCD。


by カエレバ

クラウス:交響曲集 3 (スウェーデン室内管/スンドクヴィスト)(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)

※ナクソス・ミュージック・ライブラリーは、クラシックのオンライン図書館です。
 「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。
 最大15分間、何度でも再生可能です。



既出盤が世界の音楽ジャーナリスト絶賛の、「スウェーデンのモーツァルト」クラウスの交響曲全集、第3集は何と全曲短調、ただならぬ雰囲気が漂います。
中でも特異なのが、快速楽章が無い「葬送交響曲」で、友人でもあった国王グスタフ三世の暗殺(作曲者も同じ年に没)への悲嘆の叫びとなりました。
本家モーツァルトが大嫌いだった調性の嬰ハ短調を用いたベートーヴェン的世界の創出、序曲ニ短調9での押しの強いフーガの展開、ホ短調のフィナーレ12での一気呵成のたたみかけ、まさに本物の才能です。
交響曲ファンの貴方には、一日でも早くクラウスを知っていただきたいのです。
(CD帯紹介文)



関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment