雪質日本一、名寄ピヤシリスキー場

スキーについて語ろうと思ったのですが、何だか子どもの頃の記憶が曖昧になっている部分が多く、徒然に思い出に残っていることを書こうと思います。


町中に「雪質日本一」の看板を掲げている名寄市(なよろし)には、二つのスキー場がありました。

ひとつは「ピヤシリスキー場」。
国体も行われたスキー場です。


名寄ピヤシリスキー場


山頂まで行くのに、リフトを3本乗り継ぎます。
山頂から既に何通りかのコースに分かれていて、初級者から上級者まで、いろいろな組み合わせのコースを楽しむことができます。

山頂からは、「すっごく上手!!」というわけではない場合、林の間を通るようなコースを滑ることになるのですが、その雪の積もる樹々の間を滑るのは、とても楽しく気持ち良いものでした。

一番下のメインのゲレンデは、広々として滑りやすく、友達と行った場合、お互いのペースに合わたり、途中で待ったりできる比較的ゆったりと滑れるゲレンデでした。

このように変化のあるいくつかのゲレンデ。
山頂から一番下までは距離があるので、一気に滑った時には、かなりの満足感を得られます。

何回もリフトに乗ってゲレンデを滑ってというのを繰り返して、リフトの「回数券」を使い切るまで滑るのですが。
ゲレンデから、またはリフトに乗った時に振り返って見た景色は、とても美しかったです。

名寄は北海道の中でも寒い町。
樹々が真っ白に凍り、山もその霧氷で真っ白になったさまは、とても美しく、大好きな風景でした。
(私、アレがずっと「樹氷」だと思っていたのですが、枝が凍ったかのような状態は「霧氷」というのだそうですね。
 樹に雪が積もった状態を「樹氷」というようです)
(天候によっては、「霧氷」でなく「樹氷」の時もあります)

サンピラー」という現象も、名寄を離れてから知ったのですが、きっと何回も見ていたのではないかと思います。
それぐらい寒く、それでいて真っ青な晴天の日もよくありましたから。
ゲレンデも、周りの山々も、空気も、そして遠くに見える市街地も「凍っている」のを、普通のように見てきました。

リゾート地のスキー場に行ったことはありませんが、私は、ピヤシリスキー場が大好きです。
体力も問題なくて、金銭的にも余裕があるのなら(スキー道具、ウェアは高いのです)、また滑りたいスキー場なのですが、なかなか難しそうです。

思い出話尽きず。
続きで書きます。


なよろ温泉サンピラー

現在は、日帰り温泉、食事もできる宿泊施設がスキー場側にできたのですね。


サンピラー

Photo by 北海道の風景 ~VIEW OF KAMIKAWA~

私にとってサンピラーといえば、夕焼けに染まったものではなく、こちらのほうです。
子どもの頃、意識して見ていなかったけど、登校の時、朝陽と共に見ていたと思うのです。
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment