豪快な音楽、グローフェの「ナイアガラ大瀑布」 

2011, 02. 21 (Mon) 18:00

「グランド・キャニオン組曲」で有名なグローフェの曲。

ナイアガラ大瀑布

何ともまぁ派手で豪快な音楽です。




I 瀑布の轟き
II デビルズ・ホールの大虐殺
III 新婚旅行者たち

「デビルズ・ホールの大虐殺」とは、ポンティアック戦争の中で起こった事件、ナイアガラの滝沿いで起こった事件をテーマにしているようです。

戦争からスイートな新婚旅行まで描いちゃうなんて、何ともまぁ盛り沢山な曲です。




IV ナイアガラの力

水力発電所を表現した楽章のようです。
とても元気の良い曲ですよ。



by カエレバ

アメリカの名匠グローフェによる、とってもわかりやすいネアカ娯楽作をお届けします。
題名さえわかれば解説無用、あるいは聴いただけで題名の見当がついてしまう単純明快さは楽しいことこの上ありません。
特に「豪雨」「瀑布の轟き」「ナイアガラの力」(オススメ!なんと水力発電所音楽です)といったナンバーでの「ここまでやるか!」といいたくなるような徹底したスペクタクルぶりは、快感の領域に到達しています。
また「ハックルベリー・フィン」と「マルディ・グラ」では、あの「アメリカ横断ウ●ト●ク●ズ」でおなじみの音楽を聴くことができます!
(CD帯紹介文より)



タグ:クラシック ナクソス

コメント

コメントの投稿

非公開コメント