「らーめん 山頭火」 本店に久し振りに行って、感じたこと 

2011, 03. 04 (Fri) 18:00

らーめん 山頭火

らーめん 山頭火」に行ってきました。

「山頭火」は、日本中、そして海外にも出店しているようですが、北海道にもかなりの数があります。
名寄(今はもうなくなってしまったのですね・・)や札幌で見かけた時にはその支店に寄ることも多かったのですが、旭川の本店に寄るのは久し振りです。
「山頭火」の本店が旭川にあるように、私にとっての「山頭火」の原点も旭川です。
創業して3年目の年には確実に行っている記憶があり、その頃からの大ファンです。

本店が一条に移ったのですね。
一条の本店でいただくのは初めてです。


らーめん 山頭火

「山頭火」のラーメンは、豚骨スープです。
旭川ラーメンは、煮干しなどの魚介類をだしに使うのが特徴のひとつとも考えてますので(全店でそういうわけでもないようですが)、そういう意味では「旭川ラーメン」ではありません。
どうやら「旭川ラーメン」とは、「旭川市周辺のラーメン」という定義のようで、そういう意味では旭川ラーメンなのかもしれませんが、何ラーメンだろうと、いいのです。
美味しくて、好みのラーメンならば。

しかしながら、白濁した豚骨スープ、トッピングにきくらげ、紅生姜的役割の小梅、白ごま、というように博多ラーメン寄り、麺も博多ラーメンに近いもので、この地方のラーメンを食べ続けてきた人にとっては、さらに実は博多ラーメンのようなものも好みだった人にとっては、一気にとりこにさせてしまうようなラーメンだったのではなかったのでしょうか。
さらに、この白濁した豚骨スープはあっさりめの風味なので、博多ラーメンがソウルフードでない人にも多く受け入れられたのかもしれません。


ラーメン素人のうんちくはここまでしておいて。

いくつかの支店でもいただいているのですが、どうしても少しずつ味が違うような気がします。
やっぱりここ本店のスープが好みですし、一番しっくりくると思いました。

そして、しばらく訪れてなかった私にとって、大きな変化がありました。
今回のように写真も撮れるような雰囲気のお店に変わっていたことです。


「素人のような人が、ラーメン店で修業して、お店を持てるぐらいの技術を身に付ける」
といったようなテレビ番組が放送されていた頃でしょうか。
ラーメン店側が、客にかなり厳しい要求をするような風潮が生まれました。

例えば、
「私語厳禁」
などの紙が店内に張りだされたりしました。

後にお客が待っている時に、食べ終わってもおしゃべりばかりして席を立たないのはどうかとは思いますが。
いただいた時に、一緒に行った人と「おいしいね」なんて一言は言いたい気もしますし、ラーメンが出てくるまでの短い時間でも、大きな声でなければ、世間話して過ごしたって構わないと思うのです。
何故に、くつろげるはずの食事の時間に、お金を払ってまで、お客側も「修行」しなければいけないのか?

北海道でもそういうラーメン店が出てきはじめ、そのひとつが「山頭火 本店」でした。

しかし、今回、その雰囲気が違っていたことが、一番に感じたことでした。
お店が移って広くなったのもあるかもしません。
(時代の流れもあると思いますが)

以前は窮屈に感じたお客への「店内ルール壁紙」がまったくありませんでした。

まだ寒いですので厚手のジャケットを着ていますが、店員さんが足元に置くかごを持ってきてくれ、そこにかさばるジャケットとかばんを入れることができました。
ありがたいサービスです。




関連ランキング:ラーメン | 旭川駅

タグ:旭川市 飲食店

しろくまタイムズスクエア 

2011, 02. 22 (Tue) 18:00

しろくまタイムズスクエア

だんなからのお土産、「しろくまタイムズスクエア」。
可愛い


札幌市円山動物園に2008年12月、双子のホッキョクグマが誕生しました。
2009年9月に双子が「イコロ」と「キロル」と命名されましたことを記念して「しろくまタイムズスクエア」を発売しました。
ふわふわの白いスポンジ生地で、北海道産の牛乳を使用したミルククリームと北海道産のあずきを使用したアズキあんを包みました。
菓か舎では「しろくまタイムズスクエア」の売上の一部を動物のエサ代として札幌市円山動物園に寄付をしています。



というお菓子だそうです。

菓か舎」は代表的なお菓子「札幌タイムズスクエア」も美味しいし、他のお菓子も美味しいです。
「しろくまタイムズスクエア」も、間違いのない美味しさでした。

しろくまタイムズスクエア

タグ:札幌市 通販 北海道

枝豆のお味噌汁はカニの味? 

2008, 10. 02 (Thu) 18:00

秘密のケンミンSHOW】 で紹介されていた “枝豆のお味噌汁”。
山形県の庄内地方で食べられていて、「カニの味がする」 らしい。

『そんなわけないよ!』
と思った私。
「さすがにカニの味ではありませんでした」
という記事を書こうかと思いながら、枝豆を買ってきて作ってみました。


一口目。

「・・・?」

二口目。

「!!」

「カニの味がするよ !? 」

だんなも一口。

「・・・・・」

二口。

「カニの味するわ・・」


カニの身の味というより、カニ汁(鉄砲汁)の汁のような味がするんですよ。
番組を見ていた時は、“カニ” という言葉ばかりが強烈に印象に残っていたのですが、今、サイトを見たら、「カニ汁の味がする」 と書かれていました。
確かにその通り。
不思議だわぁ。

みなさんも試してみてはいかがですか?


枝豆のお味噌汁の作り方。

鞘のまま枝豆を下茹でする。
具は枝豆のみ、鞘のままの枝豆と出汁と味噌で出来上がり。

正確な手順は覚えてませんが、私は枝豆を汁の中に入れてから、枝豆の味を出すために少し煮ました。
味噌は少し薄めの方がいいように思います。
二日目のお味噌汁はちょっと煮詰まっちゃって、枝豆の旨みが塩気に負けてしまいました。(><)

とうもろこしを芯ごと具にするお味噌汁も紹介されていました。
これも、「カニの味がする」 と言っていた気がするので、ちょっと気になっています。(^^ゞ


罫線1


水曜どうでしょうグッズ

何とはなしに、「買いましたグッズ」のご紹介。