真冬のサロベツ湿原 2011年 

2017, 01. 20 (Fri) 12:19

2011年3月10日


サロベツ湿原

3月になると「しばれ」(厳しい寒さ)もゆるみますが、まだまだ真冬の道北です。
昨年で移転した旧「サロベツ原生花園ビジターセンター」の辺りから。

道道444号線から南側の方を撮りました。
地平線までさえぎるものがない真白な雪原です。


サロベツ湿原

サロベツ湿原

同じ道道から北側を撮りました。


サロベツ湿原

空が晴れ渡っていれば、こちらの方向に利尻富士も見えます。
冬は、なかなか利尻富士が顔を出してくれません。


サロベツ湿原

雪の風紋です。


サロベツ湿原

左に見えるのは、「矢羽根付きポール」です。
道路の端を示し、除雪作業の際の目安になります。

このポールは年中設置されているので、冬に限らず、道路と路肩の境を知ることができます。
自家用車などにとってもより安全に走行できるものです。

右側に設置されているのは「スノーポール」で、こちらも道路の端を示しています。
こちらも除雪作業、車の走行時の助けになります。
こちらの方は、雪が解けると取り集められ、また冬が近づくと設置されます。


サロベツ湿原

風が地面に降り積もっていた雪を巻き上げて、風紋の辺りが白くなっています。
この程度だと運転に支障はありませんが、もっと悪天候になると、地吹雪になって視界が真っ白になったり、自動車事故の危険性がある「吹き溜まり」ができたりします。


サロベツ湿原

北側のバス停留所。


サロベツ湿原

南側のバス停留所。

「サロベツ原生花園ビジターセンター」がここからなくなり、他の建物もまったく見当たりません。
このバス停留所は、使われることがないような状態なのでしょう。

広大な牧草地の中に立つレストラン「ミセス・ロビンソン」 

2011, 03. 09 (Wed) 18:00

ミセス・ロビンソン

「ミセス・ロビンソン」に行ってきました。

今回私がいただいたのは、このお店で特に評判の高いオムライス。
卵がとってもトロトロで、お味のほうももちろん美味しい
写真で見ると、オムライスの皿とスープの皿の比率がおかしい気もしますが、オムライスも充分に食べごたえあり、そして、スープもかなりのボリュームです。

豊富町兜沼(かぶとぬま)にあるレストランです。
「兜沼」という地域が牧場地帯。
そんな広大な牧草地にぽつりとあるレストランです。

とても美味しいので、豊富に引っ越してから何回か行ってます。
「兜沼」は豊富の北の地域で、稚内寄りの場所です。
豊富町からも稚内市からも市街地から離れていますので、車などでのアクセスが必要です。

そして、これもよく聞く話なのですが、注文したものが出てくるまで時間がかかります。
私達はそのつもりで行くので、正確に時間を計ったことがないのですが、「1時間かかることもある」ようです。
(店主さんからも、「時間がかかります」と確認されます)

本を読みながらでもゆっくり待つ。
友達と行った時などは、コーヒーを先にいただいておしゃべりに花を咲かせる。
(コーヒーについてくる生クリームが、これまた濃厚で、びっくり!)
そんな過ごし方が良いように思います。

旅行中の方は、移動にも時間を取られますし、食事が出てくるのにも時間がかかりますので、スケジュールに充分に余裕がある時に訪問されることをお勧めします。




関連ランキング:洋食 | 兜沼駅

稚内副港市場 -古い街並みをイメージしたものがたくさんありました その2 

2011, 03. 08 (Tue) 18:00

「冬レンジャー大抽選会」の日、副港市場をぶらぶらしていたら、昭和テイストなものを集めたコーナーを発見しました! ・・の続きです。


稚内副港市場

こちらの写真は、副港市場にあるコミュニティFM【わっぴー】のサテライトスタジオです。
平日15時~17時半、「Swing Beat Jam」という番組がここから放送されてます。

続きを読む »

稚内副港市場 -古い街並みをイメージしたものがたくさんありました その1 

2011, 03. 07 (Mon) 18:00

「冬レンジャー大抽選会」の時、豊富から行ったので、早めの出発、到着で、抽選会やその前のコンサートなどが行われるまでにだいぶ時間が空きました。
副港市場をぶらぶらしていましたら、こんなところを発見
今まで気が付かなかったよ。

昔の商店街をイメージしたコーナーになっているようです。

稚内副港市場

続きを読む »

タグ:稚内市

冬レンジャー大抽選会で、吹奏楽団の演奏を聴いてきました♪ 

2011, 03. 06 (Sun) 18:00

2011冬レンジャー大抽選会 吹奏楽団コンサート

この冬、稚内で行われていた「冬レンジャー」。
イベント会場に行きスタンプを集めるスタンプラリーです。
その抽選会が行われました。
スタンプでビンゴを作れば抽選券がもらえるのですが、それぐらいたくさんのイベントが、この冬、開催されました。

私が子どもの頃、スポーツ以外で楽しめるイベントといえば雪祭りぐらいだったのになぁ。(道北の名寄市)
雪像がたくさんあって、それに子どもに大人気の雪でできた滑り台は必須で、雪像をバックにしたステージでのイベントもあったりしました。
(今の「さっぽろ雪まつり」がそのような感じです)

私が稚内に来た頃は。
仕事で目一杯だったから、夜中に一度だけちらっと見に行った記憶があります。
その頃は、雪像がたくさんある雪祭りが行われていたように思うのですが、現在は、雪像がメインの雪祭りは稚内にはありません。
でも、それ以外の冬のイベントがたくさん開催されており、私は、2月12日、市内各所で行われたアイスキャンドル、スノーキャンドルのイベントで、ビンゴにつなげました。

写真は、抽選会前の稚内吹奏楽団のファミリーコンサートです。

2月1日からほぼ毎日(週1回程度の休演あり)、ロシアの民謡アンサンブル「スベニール」が、「稚内副港市場」のこのステージで演奏、演舞していますので、背景がロシアをテーマにしたものとなっています。

コンサートのほうも楽しんできましたよ

盲導犬訓練中 

2011, 03. 05 (Sat) 18:00

盲導犬訓練中

札幌に行った時、地下街で訓練中の盲導犬を見ました。
盲導犬自体も、訓練しているところも、見るのは初めてです。
通り過ぎたところを後ろからそっと撮らせてもらいました。

そうだよね。
地下街は雨風を避けることができるし。
札幌の地下街は広いからかなりの距離を移動できるし、地下鉄にも通じてるし。
利用できるようになると便利だよね。

タグ:札幌市

「らーめん 山頭火」 本店に久し振りに行って、感じたこと 

2011, 03. 04 (Fri) 18:00

らーめん 山頭火

らーめん 山頭火」に行ってきました。

「山頭火」は、日本中、そして海外にも出店しているようですが、北海道にもかなりの数があります。
名寄(今はもうなくなってしまったのですね・・)や札幌で見かけた時にはその支店に寄ることも多かったのですが、旭川の本店に寄るのは久し振りです。
「山頭火」の本店が旭川にあるように、私にとっての「山頭火」の原点も旭川です。
創業して3年目の年には確実に行っている記憶があり、その頃からの大ファンです。

本店が一条に移ったのですね。
一条の本店でいただくのは初めてです。


らーめん 山頭火

「山頭火」のラーメンは、豚骨スープです。
旭川ラーメンは、煮干しなどの魚介類をだしに使うのが特徴のひとつとも考えてますので(全店でそういうわけでもないようですが)、そういう意味では「旭川ラーメン」ではありません。
どうやら「旭川ラーメン」とは、「旭川市周辺のラーメン」という定義のようで、そういう意味では旭川ラーメンなのかもしれませんが、何ラーメンだろうと、いいのです。
美味しくて、好みのラーメンならば。

しかしながら、白濁した豚骨スープ、トッピングにきくらげ、紅生姜的役割の小梅、白ごま、というように博多ラーメン寄り、麺も博多ラーメンに近いもので、この地方のラーメンを食べ続けてきた人にとっては、さらに実は博多ラーメンのようなものも好みだった人にとっては、一気にとりこにさせてしまうようなラーメンだったのではなかったのでしょうか。
さらに、この白濁した豚骨スープはあっさりめの風味なので、博多ラーメンがソウルフードでない人にも多く受け入れられたのかもしれません。


ラーメン素人のうんちくはここまでしておいて。

いくつかの支店でもいただいているのですが、どうしても少しずつ味が違うような気がします。
やっぱりここ本店のスープが好みですし、一番しっくりくると思いました。

そして、しばらく訪れてなかった私にとって、大きな変化がありました。
今回のように写真も撮れるような雰囲気のお店に変わっていたことです。


「素人のような人が、ラーメン店で修業して、お店を持てるぐらいの技術を身に付ける」
といったようなテレビ番組が放送されていた頃でしょうか。
ラーメン店側が、客にかなり厳しい要求をするような風潮が生まれました。

例えば、
「私語厳禁」
などの紙が店内に張りだされたりしました。

後にお客が待っている時に、食べ終わってもおしゃべりばかりして席を立たないのはどうかとは思いますが。
いただいた時に、一緒に行った人と「おいしいね」なんて一言は言いたい気もしますし、ラーメンが出てくるまでの短い時間でも、大きな声でなければ、世間話して過ごしたって構わないと思うのです。
何故に、くつろげるはずの食事の時間に、お金を払ってまで、お客側も「修行」しなければいけないのか?

北海道でもそういうラーメン店が出てきはじめ、そのひとつが「山頭火 本店」でした。

しかし、今回、その雰囲気が違っていたことが、一番に感じたことでした。
お店が移って広くなったのもあるかもしません。
(時代の流れもあると思いますが)

以前は窮屈に感じたお客への「店内ルール壁紙」がまったくありませんでした。

まだ寒いですので厚手のジャケットを着ていますが、店員さんが足元に置くかごを持ってきてくれ、そこにかさばるジャケットとかばんを入れることができました。
ありがたいサービスです。




関連ランキング:ラーメン | 旭川駅

タグ:旭川市 飲食店

久し振りの旭川駅が新しくなっていてびっくり! その2 

2011, 03. 03 (Thu) 18:00

3月2日、久し振りに旭川駅に降り立ってみたら、旭川駅が新しくなっていて驚き、また、木肌を生かした駅舎は、今まで見たことない雰囲気の建物で、それにもまた目を奪われ、予定外に写真をたくさん撮ってきました・・ という記事の続きです。

続きを読む »

タグ:旭川市