真冬のサロベツ湿原 2011年 

2017, 01. 20 (Fri) 12:19

2011年3月10日


サロベツ湿原

3月になると「しばれ」(厳しい寒さ)もゆるみますが、まだまだ真冬の道北です。
昨年で移転した旧「サロベツ原生花園ビジターセンター」の辺りから。

道道444号線から南側の方を撮りました。
地平線までさえぎるものがない真白な雪原です。


サロベツ湿原

サロベツ湿原

同じ道道から北側を撮りました。


サロベツ湿原

空が晴れ渡っていれば、こちらの方向に利尻富士も見えます。
冬は、なかなか利尻富士が顔を出してくれません。


サロベツ湿原

雪の風紋です。


サロベツ湿原

左に見えるのは、「矢羽根付きポール」です。
道路の端を示し、除雪作業の際の目安になります。

このポールは年中設置されているので、冬に限らず、道路と路肩の境を知ることができます。
自家用車などにとってもより安全に走行できるものです。

右側に設置されているのは「スノーポール」で、こちらも道路の端を示しています。
こちらも除雪作業、車の走行時の助けになります。
こちらの方は、雪が解けると取り集められ、また冬が近づくと設置されます。


サロベツ湿原

風が地面に降り積もっていた雪を巻き上げて、風紋の辺りが白くなっています。
この程度だと運転に支障はありませんが、もっと悪天候になると、地吹雪になって視界が真っ白になったり、自動車事故の危険性がある「吹き溜まり」ができたりします。


サロベツ湿原

北側のバス停留所。


サロベツ湿原

南側のバス停留所。

「サロベツ原生花園ビジターセンター」がここからなくなり、他の建物もまったく見当たりません。
このバス停留所は、使われることがないような状態なのでしょう。

広大な牧草地の中に立つレストラン「ミセス・ロビンソン」 

2011, 03. 09 (Wed) 18:00

ミセス・ロビンソン

「ミセス・ロビンソン」に行ってきました。

今回私がいただいたのは、このお店で特に評判の高いオムライス。
卵がとってもトロトロで、お味のほうももちろん美味しい
写真で見ると、オムライスの皿とスープの皿の比率がおかしい気もしますが、オムライスも充分に食べごたえあり、そして、スープもかなりのボリュームです。

豊富町兜沼(かぶとぬま)にあるレストランです。
「兜沼」という地域が牧場地帯。
そんな広大な牧草地にぽつりとあるレストランです。

とても美味しいので、豊富に引っ越してから何回か行ってます。
「兜沼」は豊富の北の地域で、稚内寄りの場所です。
豊富町からも稚内市からも市街地から離れていますので、車などでのアクセスが必要です。

そして、これもよく聞く話なのですが、注文したものが出てくるまで時間がかかります。
私達はそのつもりで行くので、正確に時間を計ったことがないのですが、「1時間かかることもある」ようです。
(店主さんからも、「時間がかかります」と確認されます)

本を読みながらでもゆっくり待つ。
友達と行った時などは、コーヒーを先にいただいておしゃべりに花を咲かせる。
(コーヒーについてくる生クリームが、これまた濃厚で、びっくり!)
そんな過ごし方が良いように思います。

旅行中の方は、移動にも時間を取られますし、食事が出てくるのにも時間がかかりますので、スケジュールに充分に余裕がある時に訪問されることをお勧めします。




関連ランキング:洋食 | 兜沼駅

「豊富温泉雪あかり」 

2011, 02. 25 (Fri) 18:00

豊富温泉雪あかり

「豊富温泉雪あかり」 。
昨日のお昼と夜とに雨が降った豊富。
2月に雨なんてありえない。
イベントは行われてるかなぁ、って心配だったのですが、煌びやかに開催されてました
(写真下黒く見えてるのはアスファルト。


スポンサード リンク

オンワード マルシェ

続きを読む »

タグ:豊富町 宗谷

虫の多さに、気が狂いそう・・ 

2010, 08. 20 (Fri) 18:00

とある日、天気が良かったので、外の物干し竿に洗濯物を干しに行ったのですが・・

手に下りてきたところを振り払ったのが1匹。
外に置きっぱなしにしちゃってた洗濯ばさみのへこんだところで寝ていやがったやつが1匹。
干したばかりの上にもう居座っているのが1匹。(先程のは地面に落ちたのを確認した)
1分もしない間に、肉々しい蜘蛛を3匹も見て、気ぃ狂いそうになったこともありました。

例えば、家の中に列を作って蟻が入ってきているなどの異常な状態でないならば、女にしては虫は苦手な方ではないと思ってたけど、ここに来てからは、気が狂いそうな思いを何回かしてます。

家の前にイタドリがはえちゃっていて、何気に見たらアブラムシがいっぱい付いていて、そこに大きな黒蟻がたくさん付いていた。
『アブラムシの蜜を吸っているんだなぁ』
などと呑気に観察していたら、あっという間に体に何匹も上ってきていて、突然かまれるわ、全部振り払うのに手間取るわで、気が狂いそうな思いをしたこともありました。

お盆前は、でっかいアブが玄関の外側に何匹も張り付いていました。
ガラス戸だと内側からそれがよく分かるので、戸を開けるのが怖く、気狂いそうでした。

蜘蛛に関しては、春先から巣に悩まされています。
玄関ドアに凹凸があるので、巣をいくつも作られしまいます。
きれいに掃除しても一晩で作られてしまいます。
もう廃屋の様です。

車庫がないので外に置きっ放しの自家用車なのですが、車のサイドミラーは格好の場所のようです。
うっかりそのまま運転し、サイドミラーで左を確認した時に初めて蜘蛛の巣が張られていることに気付き、気分激しくダウンです。
だんなの話によると、だんなの車と私の車を近づけて駐車しておくとその間(だんなの運転席側)に作られてしまって大変なことになるので、離して駐車しているとか。

基本的には、雑草のない家を目指したいんですよ。
自然は大好きだけど、雑草は管理上良くないことは分っているつもり。
雑草が少なくなれば、虫もいくらか減るはず。

春先にだんなが草刈りをしてくれましたが、しかし、ここに来てから、だんなが丸一日家にいたのは数えるほどの状況。
私が毎日ちょっとずつ草抜きして、堆肥化して、今回の住まいに付いてきた畑で豊かな作物!or 色とりどりの花々!家の周りも無農薬の無雑草!と夢見た日々もありましたが、5月から、2回の父の入院(今は自宅で過ごしてます)、自分の通院など遠出が何度かあったりして、ホント、ふっと落ち着いて身の周りを見渡すと、あっという間の草だらけの家。

今まで、薬で枯らすのにあまり良い顔してこなかった私ですが、今回はギブアップしました。
こちらからだんなにお願いして、除草剤をまいてもらいました。

それにしても、森林近くに別荘をお持ちの方は、実際、優雅な生活を送っていらっしゃるんでしょうか!?
管理がマメなのかな・・
それとも、管理にお金をかけているのかな・・
それだけのマメさ&お金がないと別荘は持てない、ということなのか・・


by カエレバ

こういうのを使えば、効果てきめんです
同じ場所にいつも作られてた蜘蛛の巣。
一発で作らなくなりました。
殺虫剤というものは好きではなかったのだけど、蜘蛛の巣を掃除してもすぐに張られてしまう、車を運転する前に先ず蜘蛛の巣掃除っていう生活が続くと、ほとほと嫌になっちゃいますよ。


夕陽

だんな撮影、2004年。

サロベツ原生花園 

2010, 06. 30 (Wed) 18:00

“サロベツ原生花園”に行ってきました。
エゾカンゾウの花盛りは少し過ぎたかな、という感じでした。

サロベツ原生花園

携帯で撮ったので写真の状態は良くないのですが、ここの木道からの写真はもう撮れないので、記念に取っておきます。


サロベツ原生花園

これは5月上旬に撮った写真ですが、写っている木の板が木道です。


サロベツ原生花園

ワタスゲ。


サロベツ原生花園

ヒメシャクナゲ。


サロベツ原生花園

エゾイソツツジ。


サロベツ原生花園

モウセンゴケ。

サロベツ原生花園

自生の食虫植物を見るのは初めて。
こういうの見つけると、ワクワクする自分です。

サロベツ原生花園


サロベツ原生花園

サロベツ原野の主役(と思われる)エゾカンゾウ。


サロベツ原生花園

こんな看板がありました。
確かに、ザッザッザッという、鳥の鳴き声でないような不思議な大きな音が空から聞こえてくることあるんですよね。
飛んでいるところを目視したことないのですが、オオジシギという鳥の鳴き声だということを知りました。

続きを読む »

タグ:サロベツ湿原 豊富町

べこちゃんカード 

2010, 05. 18 (Tue) 18:00

べこちゃんカード

“べこちゃんカード”に入会。
利用日が2008年となってますが、これは初期設定。
一歩豊富町民へと近付いた気分。