昆布干し体験リポート 

2011, 02. 02 (Wed) 18:00

北海道庁発行、

北海道のメールマガジン

の一つ、【月刊そうやマガジン ~日本のてっぺんからとっておきの話題をお届け!!~】。
このメルマガのバックナンバーの中から、ご紹介。


ふるさと宗谷メルマガ 「宗谷だより」 2003.8.29 発行 Vol.14

昆布干しは、北海道の中でも特徴のあるお仕事の方だと思うのですが、この仕事の内容を赤裸々にブログ等に綴っているのを見たことがありません。
稚内(宗谷地方の一番大きな町)でも、昆布干しのバイトをしている人はかなりいるはずなのですが、たまたまなのか、私はそういう記事に出会いません。

ビジネスライクに人を雇っているところもあるでしょうが、やはり「顔」でつながっているほうが多いようにも感じますので、そのためもあるかと思います。
身内の人に手伝ってもらったり、知人が「干し子」としてバイトするとかのほうが多いような気がします。
仕事以外でもつながりがあるような関係で、どこでどう身バレするか分からないネット上で赤裸々に書けないことはあると思います。

また、どの仕事にも言えるのでしょうが、昆布干しも、怒涛のように作業を進めていかなければいけない仕事なので、雇い主も干し子さんも、記事としてまとめるほどの写真資料などを集めたりできないのではないかと思ます。

でも、この昆布が仕上がるまでの作業を丁寧に取り上げたら、とても興味深い記事になると、私は思うのですけどね。
私は、一時期、昆布干しのバイトをしてました。
稚内にそれなりに住んでいましたが、干し子のバイトをするまで、昆布干しがどういうお仕事なのかまったく知らなかったです。
そのバイトをしていた時に、1日だけ写真撮影の許可をいただきました。
(その時の写真は、簡単には取り出せないPCの中に残ってます・・
それもホント隙間の時間に急いで何枚か、干し終わってからまた何枚か撮れただけです。

そんなこともあり。
こちらの記事は率直な感想も書かれており、興味深いリポートになっていると思います。


昆布干し

Photo by (c)Tomo.Yun


[番外編-宗谷支庁職員コンブ干し体験リポート-]

 採ったコンブは干場に並べて干しますが、採ったそばから並べていきますので、夏のコンブ漁の時期は家族総出で作業を行います。まさに猫の手も借りたくなるような忙しさです。
 宗谷支庁では、地域の主要産業である「コンブ漁」を理解し、今後の地域づくりの施策の参考とするために、コンブ干し体験を実施しました。今回は参加した職員の体験リポートを紹介します。

 平成15年7月24日朝5時30分、宗谷支庁副支庁長を隊長とする「宗谷支庁コンブ干し隊」は朝もやの残る中、稚内市恵比須にある北船だまりに集結した。ほとんどの隊員はコンブ干し作業は初体験。宗谷特産の「利尻コンブ」を実際に干す作業を行うと
いうことで、皆、期待に目を輝かせていた。

 前浜に磯舟が到着すると、コンブ干しの作業開始。漁家の方々の指導の下、隊員たちもコンブを運び、干場にコンブを並べ始めた。海からあげたばかりのコンブは独特のぬめりと磯の香りにあふれ、「これがあの利尻コンブか!」、「ウニが食べたあとがあ
る!」、「コンブにも表裏があるんだ」などと隊員一同歓声を上げながら作業を楽しげに行っていた。

 時が経つにつれ隊員の口数は減り始め、足取りも重く、明らかに疲労の色が見え始めた。朝もやがはれ、コンブ干しには絶好の朝日が差し始めると、コンブを満載した磯舟が入るたびに、ため息混じりの声が漏れるようになった。

 しかし、コンブ漁終了の時刻が過ぎ、9時に最後のコンブを干場に並べ終わると、それまでの疲労も吹っ飛び、皆、誇らしげに自分たちの並べたコンブを見渡し、「やってよかった」、「またやってみたい」などと作業後の爽快感を味わっていた。

 実際にコンブ干しを体験し、「利尻コンブ」を支えている方々の苦労を肌で感じることができ、また、「利尻コンブ」というものを大切にしていかなかればならないと感じた。
 そして、宗谷支庁として宗谷が誇る「利尻コンブ」というものを、もっと多くの方々に知ってもらうようにしていかなければならないと、あらためて実感したのであった。

追伸 もちろん、作業の翌日以降、隊員一同、筋肉痛に悩まされ、歩くこともままならない状況でした。




道庁制作の動画ではありませんが、こちらの昆布干しの動画もどうぞ。

タグ:稚内市 宗谷

流氷と青い気嵐 

2011, 02. 01 (Tue) 18:00

1月30日の記事の続きです。

流氷

さぁ、帰ろうと、再び浜頓別町を通ったら、ここにも流氷がぎっちりきてました
日の出の頃は、暗くて分からなかったのね。

ここには足跡がたくさんついていました。
車道からアプローチしやすく、浜辺になっていて、近付いても比較的安全な場所なのでしょう。

*パノラマ写真は、クリックすると大きな画像で見ることができます。


スポンサード リンク



あったかインナー・綿混タートルネック長袖レディース(ホットコット)

続きを読む »

タグ:浜頓別町 宗谷

静かに寄せてくる流氷は、氷の塊というより、雪原のようでした 

2011, 01. 31 (Mon) 18:00

30日の記事の続きです。

浜頓別町(はまとんべつちょう)から枝幸町(えさしちょう)のほうに移動すれば流氷を見られる可能性は高いかと、車を走らせていると、朝陽の光が強くなってきて、流氷がきていることを目で確認することができました。

流氷

流氷


スポンサード リンク



速乾ふんわりタオル【ネット限定カラー、サイズあり】(BELLE MAISON DAYS)


続きを読む »

タグ:枝幸町 宗谷

朝日に照らされた流氷が見たい!! 

2011, 01. 30 (Sun) 18:00

前日に、流氷が宗谷岬まで接岸したというマイミクさんの日記を読んで、プチ流氷の旅を決行。
(日帰りで見てくるだけだけど、家にこもる時間が多かった私にとっては、旅に出掛けるぐらいの意気込みでした。


スポンサード リンク



あったかインナー・綿混長袖レディース【ネット限定サイズあり】(ホットコット)

続きを読む »

タグ:浜頓別町 宗谷

日本海とオホーツク海の境界線 

2011, 01. 24 (Mon) 18:00

最北ネット 第36号稚内海上保安部

サハリン南端の西能登呂(クリリオン)岬と北海道北端の宗谷岬を結んだものが、日本海とオホーツク海の境界線だそうです。

宗谷岬に立てば、日本海とオホーツク海の両方を眺められる、ということですね。

ちなみに、これは2005年にその位置に変更になったそうで、それ以前は、サハリンのクズネツォワ岬と稚内市のノシャップ岬を結んだものが境界線だったようです。


日本海とオホーツク海の境界線稚内観光協会


海軍望楼から見た宗谷岬

Photo by そうや手づくりギャラリー

海軍望楼から見た宗谷岬。

タグ:稚内市 宗谷

リンク集 -宗谷- 

2011, 01. 16 (Sun) 19:00



稚内市、豊富町、幌延町、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、礼文町、利尻富士町、利尻町からなる「宗谷」(そうや)の公的サイト。
フリーの写真素材のページもあります。





宗谷総合振興局が発行しているメルマガ「月刊そうやマガジン ~日本のてっぺんからとっておきの話題をお届け!!~」の登録ができます。
バックナンバーも読めます。





利尻富士など、おもに宗谷の風景の写真ブログです。
更新は終了しましたが、構図などが非常に勉強になるので、宗谷で写真を撮って楽しみたい方には特にお勧めです。
美しい写真がたくさんありますので、観るだけでも楽しめます。

北緯45度、最北の空の写真ブログ

宗谷の美しい風景、ラッセル車などの写真ブログ





山村留学してきた家族の、おもに主の方の3年間の暮らしです。

「山村留学で田舎暮らし」


リンク集 -宗谷の天気を知るライブカメラ-

リンク集

最北のフリー写真素材 

2011, 01. 16 (Sun) 18:00

そうや手づくりギャラリー

宗谷総合振興局のサイトのコンテンツの一つ、風景などの写真素材です。
宗谷のPRが目的であれば、個人・企業とも自由に使用できるそうです。


最北端の地の碑

Photo by そうや手づくりギャラリー

タグ:宗谷 写真

宗谷の自然、1月は「エゾユキウサギ」と「ダイヤモンドダスト」 

2011, 01. 15 (Sat) 18:00

月刊そうやマガジン ~日本のてっぺんからとっておきの話題をお届け!!~ 2010.12.28 発行 第8号

エゾユキウサギ・・・レア度 ★★★★

☆☆おすすめ観察スポット☆☆
  ・道道稚内天塩線沿いのサロベツ原野(稚内市、豊富町、幌延町)


道産子の私ですが、未だエゾユキウサギを見たことがありません。
社会人になってからはずっと稚内に住んでいたのですが、隣町という近くにあるサロベツ原野で見られるなんて、知りませんでした。


ダイヤモンドダスト・・・レア度 ★★★

(中略)

 冬の朝日に照らされて、氷の結晶がキラキラと輝く様子には、きっと心を動かされますよ。

(中略)

☆☆おすすめ観察スポット☆☆
  ・沼川地区、更喜苫内地区(稚内市)
  ・ピンネシリ地区(中頓別町)
  ・歌登地区(枝幸町)


私は、冬は-30℃以下になることもある名寄市で生まれ育ったので、朝の登校の時に、よくダイヤモンドダストを見ていました
こういう名前があるということも、特別な現象であることも知らずに。

方言を使えば「しばれる」ほどにきりりっと冷え、朝日が目にも眩しいほどの晴天の日に見ることができます。
家がたくさんあるような場所より、雪原など周りにさえぎるものが少ない場所のほうが“それ”だと観察しやすいように思います。
朝日が真っ直ぐに差し込むその光の道の中で、光を反射しながらちりちりと瞬くのです。

このように“しばれ”て朝日が鮮烈な日は、前夜ぐらいまでにさらっと降り積もったかのような新雪の表面も綺麗ですよ。
こちらも雪の結晶が、パステルカラーにきらきらと小さく輝くのです。


ダイヤモンドダスト

Photo by 北海道の風景 ~VIEW OF KAMIKAWA~

サンピラーの中でダイヤモンドダストが光ってます。

タグ:宗谷 名寄市